VIOラインの永久脱毛は実現可能かどうか?

VIOの永久脱毛は本当に実現できるのか

永久脱毛という言葉は、やはり魅力的な響きがあります。
VIOラインの脱毛をするのであれば、やはり永久脱毛したいと思うでしょう。
では、永久脱毛は可能なのかということになるのです。

永久って言葉と永久脱毛の定義

脱毛ということは、毛根を機能させないようにして、毛を生えない状態を作ります。
これが、永久に生えなくなれば、永久脱毛と呼ぶことができるでしょう。
一本も生えてこないことが、永久脱毛だといいたいところですが、これは間違いです。
正確に言えば、言葉として間違いなのではなく、永久脱毛には定義があるから間違いになるといえばいいでしょう。

脱毛ということにおいて、実は永久脱毛ということは定義されています。
脱毛が終了した段階から、1か月後の時点で、20%以下しか再生しない状態を永久脱毛と呼ぶのです。

だれが永久脱毛の定義をしたのか

永久脱毛の定義からすると、2割は生えてくることになります。
辛い思いをしてVIOラインの脱毛をしても、永久脱毛にはならないというとなんだかがっくりくるかもしれません。
こんなことだれが決めたんだといえば、アメリカの電気脱毛協会が定義したもので、これを日本でも使っています。

でも、これでは困ってしまうでしょう。
VIOラインも安くはありません。
それでも、2割は生えてくる、それも1カ月以内となればがっくりするのもわかります。
だから、永久脱毛という言葉を使っているエステサロンもクリニックもありません。
永久減毛という言葉におきかえているところすらあります。

ですが、日本の脱毛のレベルは、そこまで低くありません。
もう少し進めて考えなければいけないでしょう。

永久ではなくても、限りなくできる現実

永久脱毛はできなくても、実際には2割は生えてこないようにすることができます。
ほとんど気にならないレベルです。
レーザー脱毛などでは、本当にわからないぐらい細く薄い毛にすることはできます。
ニードル脱毛などでも、ほとんど生えないような状況を作れることは確かです。
それが、絶対ではないというレベルだと考えるといいでしょう。

毛周期の問題もあり、いくらかは再生して生えてくるのは、どうにもできない現実があります。
それを脱毛できるように5年保証などもあるのですから、うまく活用して行くことがポイントです。
こうした保証を活用すれば、限りなく永久に近い状態を作り出すことができます。
永久脱毛という言葉の意味に限りなく近づけられるのですから、プランを組むときにも考えておくといいでしょう。