メンズ脱毛でVIOラインを脱毛する際の値段の差の違い

VIOラインの脱毛の値段は何でここまで違う?

VIOラインの値段を見ていると、とあることに気がつくはずです。
それが男性と女性の値段の違い。
いろいろと調べていくと、この違いは2倍近くに広がることもあるでしょう。
同じサロンでもここまでの差がつくのには、大きな理由があるのです。

値段は並列にされていない

男女ともに施術をおこなっているところを見ると、値段を並べていません。
それどころか、男性サロン、女性サロンと区別していることに気がつくでしょう。
なんでだろうと考えると、顧客が違うからということになるわけです。
ですが、それだけではありません。
料金が全く異なるところに気がつくようになりました。
その差は数百円というところもありますが、大きく差がつくと2倍以上になることもあるわけです。
VIOラインはかなりその差が激しいでしょう。
あまりに違いがあるので、男性サロンのほうがやりくりしにくいからなのかと思ってしまいますが、実際には違う理由があるのです。

大きな差が出る毛量の違い

料金の違いが生まれる理由として、男性のほうが毛量は多いということがあります。
毛穴の数は男女とも違いがあるわけではありません。
ですが、男性のほうがムダ毛として認識できる毛の量が多く、範囲が広いのです。
そうなると、レーザー脱毛などでも手間がかかります。
ワックスなどで脱毛する古典的な方法でも、量を多く使わなければいけないでしょう。
ニードル脱毛になれば、それだけ回数を進めていくことになるのですから、どうしても高くなってしまいます。
これはVIOラインでもいえることなのですが、こちらはまた別の理由も持っていることを忘れてはいけないのです。

最も影響を及ぼす形状の問題

VIOラインの場合、男女でもっとも違うのはその形状にあります。
同じわけはないのが当然なのですが、男性のほうがより複雑な形状になるというのが大きな理由です。
男から見れば、似たり寄ったりなのではないかと思いますが、個人差が激しく、その手間が非常にかかるようになってしまいます。
その分対応していかなければいけませんし、対応するのにも能力が必要です。
毛の生えている向きや密度まで異なってくるのですから、女性に比べて料金がかかるようになるのも致し方ない部分があるでしょう。

では、女性のほうが簡単なのかといえば、個人差はあってもそこまで大きな違いは生まれないそうです。
手間もほとんど差がなく、時間も素早くできるので、高くする必要はないともいえるでしょう。
この違いは大きな金額となって表れてきますが、よく考えれば仕方ないのかなと思ってしまいます。